平成29年 降誕会

0


     

    今日はお釈迦さまのお誕生日。

     

    佛教三大行事の一つ『降誕会』の式典が、姫路教会で行われました。

    式典は青年婦人部による奉献の儀より始まりました。荘厳な中にも、青年婦人部がサリーを着た華やかな姿で微笑みをたずさえつつ、み仏さまに献燈・献花されました。

     

       

     

    そして降誕会といえば・・・そう、豆菩薩たちの出番です!

    沢山のお稚児さんにより、お釈迦様が乗られている白い象をご宝前の前まで引っ張って行き、代表二人による誓いの言葉が読み上げられました。

     

      
     

    続きまして、加古川第一支部のI主任さんのお説法がありました。

    佼成会三代目であり、高校生の時は「高校の船」体験者として貴重な経験を積まれたそうです。

    そして、結婚されてからはご法の上で❝ 親 ❞になる修行を積まれた結果、三人のお子さんに恵まれるお手配を頂かれたこと。又、家事をしながらでのご法活動の時間が取れなかったことの悩みや、ご自身の大きな手術を乗り越えながらも、み仏さまに護られている現在があることを説法されました。

     

    最後に吉田教会長さんよりお話を頂きました。

     

    「降誕会」・・お釈迦様がこの世にお生まれにならなかったら、今の皆さんの幸せな生活は無かっただろう、と先ず話されました。

     

     

    ご講話は25年前の「躍進・4月号」の会長先生のご法話を、お話し頂きました。

     

    ・『降誕会に命を見つめなおす』・・天上天下唯我独尊!
      諸法実相を自覚することの大切さ!

    ・『命をどう生かすか?』・・開示悟入!

      私たち自身生まれ出でたことに感謝し、世の人々に仏智見を開示し

      悟られた教えを説いていく!

     

    教会長さんに、20年前の会長先生のご法話をお分け頂き、お釈迦さま降誕の意義の大切さをしっかり学ばせて頂きました。

     

    ※午後は、姫路城城見台にて青壮年部・婦人部・少年部を中心として、

     毎年恒例の「花まつりキャンペーン」を行い、道行く人に呼びかけ

     花御堂に灌仏をして頂きました。            合掌

                                  (文責:Y・N)

     

     

     


    教会長のお話し

    0

       この度、昨年12月1日より「姫路教会長」の大役を賜りました、
      吉田 高聡(たかとし)でございます。
      前任の河南教会長さんより引き継ぎ、足りませんが大役を一生懸命務めさせて頂きます。

      近畿支教区では11教会のうち、9教会がホームページを開設しておられ、各教会が自教会の活動内容を発信されています。
      姫路教会もメディア布教委員会を組織し、活動を推進しています。
      私は、ハードの部分はよく分かりませんので、委員の皆さんにお任せしています。
      しかし、私たちの修行の中心は布教伝道にあります。
      各教会からの情報発信は、各部の布教伝道の参考になります。その意味からも、メディア布教はこれから大切なツールになることは間違いありません。
      私も微力ではございますが協力させて頂きます。

       さて、私の担当させて頂く部分は「教会長のお話し」です。
      内容としては、「佼成」の会長先生のご法話を中心に、その時々に感じたことを書かせて頂きます。稚拙な文になると思いますが努力させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

       早速ではありますが、「佼成4月号」のご法話を拝読させて頂き、感じさせて頂いたのは、思考の三原則です。
       1、 長期的 (目先のことだけ考えず)
       2、 多面的 (一面だけを見ず)
       3、 根本的 (枝葉末節にとらわれず)
         <会長先生ご著書「明日に向かう」より

       『時間の浪費』というタイトルからは、
      ・時間の殺生と単純に否定的に捉えがちですが、
      ・多面的に捉えると ❝ 無駄なものは一つとしてない ❞ という観点からは、
      『天地自然に照らして考えると、時間そのものに縛られない、ゆったりとした大らかな視点がありそうです』
      と言う会長先生のご指導が、自分自身の課題だと受け止めさせて頂きました。
      ご法話全体のかみしめは、「朔日参りご命日」に皆様とご一緒にさせて頂きましょう。

       以上、今月のお話しでした。               合掌

                                                                          

                          姫路教会長 吉田 高聡
       


      平成29年4月度 姫路教会行事予定

      0

        4月 1日(土)   9:00〜    朔日参り(布薩の日)

                                               姫路教会発足53周年記念日

                                               進級・入学おめでとう会
        4月 4日(火)   9:00〜    開祖さまご命日
        4月 7日(金)   9:00〜    庭野元教会長三回忌供養

        4月 8日(土)   9:00〜    降誕会

                13:00〜15:00  花まつりキャンペーン(城見台公園)
        4月10日(月)   9:00〜    脇祖さまご命日
        4月15日(土)   9:00〜    釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)
        4月23日(日) 7:00〜          お城まつり祈願供養          

        4月28日(金)               感謝のお礼参り(各支部)


        平成29年1月度 姫路教会行事予定

        0

          1月 1日(日)   6:30〜    元旦参り    
                           朔日
          参り(布薩の日)
          1月 2日〜6日           自由参拝
          1月 4日(水)   9:00〜    開祖さまご命日
          1月 7日(土)   8:45〜    御親教(専用回線VPN)
          1月 8日(日) 10:00〜    お焚き上げ
          1月10日(火)   9:00〜    脇祖さまご命日
          1月15日(日)   9:00〜    釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)
          1月20日〜26日          寒中読誦修行(毎朝 6:00〜)
          1月22日(日)  8:00〜     進路祈願
                   11:00〜    成人式             

          1月28日(土)                感謝のお礼参り(各支部)

                                                                                                 
          (文責:Y・N)


          姫路教会 新教会長 就任式

          0
                 《 吉田高聡教会長さん就任式 》
            開祖さまご命日のご縁のある日、立正佼成会姫路教会の新しい教会長さんの就任式が執り行われました。
            DSCN4074 - コピー


            式典は、松本貢一近畿支教区長さんのご挨拶より始まりました。
            支教区長さんは、今年2回目のご来姫となりました。
            始めに、吉田新教会長さんが前任の地として居られた、〔甲府教会〕での「ご縁」のお話を頂きました。

            DSCN4078 支教区長さんは、数十年前の学林3年の時修行で甲府教会へ赴任され、その時学ばれた「相手を変えるより自分を変えよう」というお話を、わかりやすくお説き頂きました。
            「全ての頂ける縁から学ぼう、仏さまを信じて・・・」 (支教区長さんからのお言葉)
            つながりでお話が続き、姫路教会の会員さんへのご指導として、
            「新しい教会長さんを頂く縁を大切に!」。
            前世からの因と縁で結ばれており、11月15日の [ 開祖さま生誕会 ] で会長先生からご法話を頂いた、『真の因』を自覚することが重要であるとお話され、自分が因となってご法の縁(新しい教会長さん)を頂いたとうけとめる事の大切さをお説き頂きました。

            DSCN4079 - コピー続きまして新任の吉田教会長さんのご挨拶がありました。
            薩摩隼人(鹿児島生まれ)で、昭和28年神戸教会(当時は支部)で入会されたそうです。
            お若い時の、神戸教会時代・ご本部へ奉職された後の大阪教会時代・・と、関西でのご活躍があられた為、ご挨拶中も「知っている昔の古い(?)顔が見受けられます」と、ユーモアも交えながらお話が続きました。
            〔ブログなのであまり詳しくは書けませんが・・(記事作成者私見)
            全国の教会長さんとして、24年間で4回の異動があり今回の姫路教会で5回目の着任となられます。
            最後に、今までの異動を通じて感じられた吉田教会長さんの哲学のような深い思いを、本日参加された会員の皆さんにお話になりました。
            それは
            「因縁を感じることは大事なことである」
            という、お言葉でした。

            最後に姫路教会会員を代表し、青年男子部長Aさん ・ F支部長さんのお二人が、力強い誓いの言葉を発表され、就任式が終了致しました。

                                                                                           合掌
                                                                                                    (文責:Y・N)


             教会長のお話し

            0

                    笑顔が幸せをつくる
              大好きな! 大好きな! だ〜い好きな!  姫路教会のみなさま!
              この度は、転任の辞令をみ仏さま・開祖さま・会長先生から頂きました。
              今はおはからいと受け止め、身を置くその所で精一杯真心こめて精進させて頂こうと思っております。
              しかし、転任の連絡をはじめて聞いた時は、正直耳を疑い、頭が真っ白になりました。 実は今年に入り、身近な幹部さん方には 「 三年で変ることは絶対に!ないよ! 」 と言っていたのです。
              絶対という言葉は、真理・法にのみ遣う言葉なんだな〜と、今回改めて身に沁みました。
              仏さまとのお約束ですので、発表があるまでは口外しないとのことで、この期間は顔で笑って心で泣いての日々でした。

              姫路教会10代目の教会長として温かく受け入れていただき本当にありがとうございました。
              DSC_7312 1 






              赴任が決まったとき、育てていただいた園参務さんに、 ( 姫路教会は、信仰が深くて素晴らしい教会で、信者さんもいい人ばかりですよ! ) と言って送り出して頂きました。
              本当にそれ以上に私のような至らない教会長を受け入れ、温かく見守って下さいました。
              DSCN1928DSCN1967DSCN1934 - コピー




              お一人、お一人にお礼申し上げたいのですが、このようにブログでのお礼で失礼させて頂くことをお許しくださいませ。
              お互い様、開祖さま譲りの笑顔でお別れしましょう。

              P1010192 - コピーDSC_0402






               

               

              本当に三年間、ありがとうございました。                     合掌
                                            姫路教会長  河南 有紀

               


              姫路北支部だより

              0
                今年も姫路教会の11支部で、地区・支部大会が各地で行われました。姫路北支部は、10月30日に支部大会が行われました。57名が参加して、バスで姫路市網干区にある天徳山 龍門寺に参拝しました。光?さまが今年にかけ2度 同寺をお訪ねになり、住職・大衆禅道場師家 河野太通老大師と『日本の平和』について対談されました。河野老大師には叡智の会に参加していただき宗教宗派を超えた宗教協力に尽力いただいています。さらには姫路南支部の会員さんが毎月清掃奉仕をされていて、河野老大師からは「佼成会との深い繋がりがある。」とのお言葉を頂きました。
                IMG_5844  河野太通老大師お導師による般若心経の読誦をさせていただき、








                IMG_5845河野老大師のご法話を拝聴、座禅の体験等をさせていただきました。
                河野老大師のご法話は禅の教えを説いていただき、日常生活の中で常に感動と疑問を持つことが大切であること。「横眼直鼻」普段当たり前に思い意識せずに過ごしがちな中にも不思議と感動を覚えことが大切で、各人の心の中に仏(諸行無常・諸法無我・涅槃寂静)があると教えて頂きました。

                 



                IMG_5847
                「ならわずも / わらうもなく / ときをえて
                われとする身の / ぬしはこれたそ」







                P1020389座禅の体験。お釈迦様がお悟りを開かれた心境へ心を無にしてお釈迦様がお悟りになった境地へ一歩でも近づくことを教わりました。








                IMG_5886境内を案内していただきました。
                龍門寺:臨済宗妙心寺派の禅刹で、「不生禅」を説かれた盤珪国師の根本道場として寛文元年 (1661)に創建され、当時の遺構をそのままに350年の法灯を持続している歴史ある寺院です。
                      






                午後は昼食のバイキング : 於 龍野市「赤とんぼ荘」
                IMG_5917IMG_5902

                帰路に 「灘菊」で酒蔵見学。岐阜教会の皆様も立ち寄られていたことが分かりびっくり!
                IMG_5921IMG_5923









                参加者一同、秋の一日をありがたく過ごすことができました。    合唱

                文責:M.O



                全国戦災都市空爆死没者慰霊と平和の祈り

                0

                   平成28年10月26日、天台宗書写山圓教寺と立正佼成会姫路教会が共同で開催している、「全国戦災都市空爆死没者慰霊と平和の祈り」の式典が執り行われました。
                  DSC_0671 - コピーDSC_0666 - コピー












                  当式典は今年で7回目を迎え、姫路市手柄山にある「太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔」の霊前で、仏教(圓教寺・大樹孝啓大僧正)(三和寺・吉村住職)、キリスト教(カトリック姫路教会・イズコ神父)(プロテスタント広畑キリスト教会・時久牧師)そして立正佼成会姫路教会・河南教会長、ご参列のもと慰霊供養・平和の祈りを行いました。
                  DSC_0677 - コピーDSC_0690 - コピー





                  諸宗派の奉献は、(圓教寺:大樹大僧正お導師による読経〔法則・自我偈・回向文〕)(佼成会:壮年部による献鶴の儀)(キリスト教:イズコ神父・時久牧師による平和の祈り)(賢明女子学園:ハンドベル演奏)(プロテスタント広畑教会:ゴスペル)の各々の奉納がありました。
                  DSC_0681 - コピーDSC_0682 - コピーDSC_0687 - コピー




                  DSC_0702 - コピーDSC_0699DSC_0706




                  姫路市・手柄山の「太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔」は、全国の戦没者慰霊碑及び、広島原爆死没者慰霊碑・長崎平和祈念像の鎮魂碑を除けば、日本で唯一の〔都市空爆による一般市民死没者の慰霊塔〕です。
                  「世界平和の祈り」を、この慰霊塔がある姫路市で行われそして、その式典で諸宗派の方々と共にお祈りをさせて頂いた事に、感謝申し上げます。
                                                         合掌
                                                        (文責:Y・N)


                  11月度 姫路教会行事予定

                  0
                    11月 1日(火)   9:00〜    朔日参り(布薩の日)
                            19:30〜21:30      夜間朔日参り(姫路南支部)
                    11月 3日〜4日          ご命日団参
                    11月 4日(金)   9:00〜    開祖さまご命日
                    11月10日(木)   9:00〜    脇祖さまご命日
                    11月13日(日) 13:00〜15:00仏教研究会
                    11月14日〜15日         開祖さま生誕会団参
                    11月15日(火)   8:45〜    開祖さま生誕会(専用回線VPN)
                                       釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)             
                    11月28日(月)                 感謝のお礼参り(教会)

                    10月度 教会長のお話し

                    0

                               祈りの先に
                       
                      私はお手取りが大好きです。
                      地区主任時代こんなご縁がありました・・・。
                      ある方から「娘が河南さんの近くやから、手取りに行ってほしい」と。
                      なにか問題があるとのお母さんの切実さに心打たれ、「娘には〇日の〇時頃に主任さんが来ると伝えておくから ・ ・」 という言葉を胸に、遅れないように住所を頼りに娘さんの住むマンションを探し当てました。
                      意気揚々とチャイムを押しました。 ・・反応なし・・
                      (手が離せずに時間がかかっているのかなあ) と、
                      もう一度鳴らします。 ・・反応なし・・ 
                      日を間違ったのかと手帳を確認すると間違っていません。娘さんに急用ができたのかもと、その日はメモに来たことを書き残し家に帰りました。
                      後日、お母さんの口から居留守をつかわれていたことが発覚し、私の手取り修行のゴングが鳴ったのです(笑)。

                       この方とのご縁が後に大きな宝を頂くことになったのです。
                      ひと駅向こうの娘さんのマンションへは、自転車で行っていました。小高い丘にあるので皆さんご想像通り、行きは自転車を押して行くのです。暑い時も寒い時も、ひたすら自転車を押して通いました。
                      はじめは、お母さんの切実さに答えようというキレイな気持ちでしたが、何度行っても反応がありません。
                      そのうちに 「 坂を上がって来てるのに! 返事くらいしてよ! 」と腹が立つ始末(笑)。 支部長さんにご指導いただき、気持ちを立て直してまたチャレンジの日々でした。
                      初めて・・1ミリほどドアーが開いた時の感動は!今も忘れられません!
                      そして、ドアーが全開になって家に上がらせて頂いたときは、大げさですが涙が出そうでした。

                      その間、お通しの大切さ ・ 相手の仏性を信じること ・ 仏さまのはたらき ・ ・ その方の手取りをさせて頂いたお陰様で、多くの学びを頂きました。
                      私のお手取りの原点になっています。

                      その後、強力な方々に出会いましたが、強力であればあるほど!闘志がわき!「よ〜し、やってやるぞ!」と相手に怒鳴られようが嫌味を言われようが、手取りの原点の体験があったお陰様で、いつか善き縁となる日を楽しみに、ルンルン気分でまわらせて頂きました
                      手取りのお供に一人の時は好きな音楽を聴きながら ・ ・又、乗り物の中では三部経を黙読したり、本を読んだり、お供修行のときはその方との話から学びあったり、お茶をしたり ・ ・等、楽しかったことは無限でした。
                      いつの間にか手取り修行のトリコになっていました(笑)。
                      知らず知らずのうちにお役のお陰様で、行学二道の修行をさせて頂いていたのですね。

                       10月の会長先生のご法話は 《祈りの先に ・・・・・》 です。

                      (祈りとは) の中で
                      開祖さまは『神仏に祈るだけではなく、仏法すなわち真理に随順した生き方を目ざす』のが信仰であると明言されたことにふれられ、
                      会長先生は
                      「仏法を信じて身につけ、自分が仏になる、自分が仏であることに気づく・・。仏教の信仰はその方向にあるということです。そもそも、自分が仏であると気づけば、神仏やほかのだれかの力を恃(たの)み、「救ってください」と祈ることはなくなります。それが、自灯明(じとうみょう) ・ 法灯明(ほうとうみょう)
                      の教えに基づいて生きていく仏道というものであります。」

                      (信仰を深める契機に) では、
                      さまざまな修行もすべて仏の願いに気づくための、方便であり、
                      「お願い参りも祈りも、それら神仏と向きあう機会はすべて、仏さまが「大切なことに気づくように」と願って与えてくださった契機です。そのことをよくかみしめて、日々の暮らしのなかでともどもに信仰を深めてまいりましょう。」
                      とお心を頂きました。

                      お手取り修行のお陰様で、仏さまの願いに少し近づかせて頂いていたのだなあと、確信させて頂きました。

                      今月は!

                      日々の暮らしの中で、信仰を深められるように、
                      ?身近な家族に喜ばれることをさせて頂く。
                      ?苦手で行きにくいところや、一度も手取りに行ったことのないところに行かせて頂く。


                      そして・・・
                      仏さまを観じ、開祖さま・会長先生のお徳を感じられる10月でありたいと思います。


                                                  合掌
                                               姫路教会長  河南 有紀


                      << | 2/18PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM