令和2年3月度 教会長のお話

0

     令和2年3月号「佼成」の会長先生の「ご法話」を拝読させていただき、

    感じたことを書かせていただきます。

     

    今月は、『満足できる幸せ』というテーマを、

    ○ 「欲をはなれると」 ○ 「感謝こそ」 の2段落でご解説いただいた。

     

     まず、「欲をはなれると」の段落では、

     

     「よく深き人の心と降る雪は 積もるにつけて道を忘るる」この道歌

    [どうか]のとおり、欲の皮が張っていると、人は、人として歩むべき道を

    いつしか見失ってしまいます。

     今月、創立八十二周年を迎える本会を、開祖さまとともに開いた脇祖さ

    は、逆に、常々「欲をはなれると徳がくる」と話していたそうです。

     欲は自然のものですから、生きるうえでは必要なのです。ただ、必要

    以上に欲が深い人は、「あれがほしい」「これも自分の思うとおりにし

    たい」と私利私欲にとらわれるあまり、人への思いやりが二の次になり

    がちです。心が、「我」=「自分のこと」でいっぱいの状態だからです。

     ところが、何ごとにつけ、ほどほどのところで満足できる人は、人の

    ことを考えるゆとりもありますから、たとえば好物が手に入っても「一人

    で食べてはもったいない。人にも分けてあげよう」という気持ちが自然に

    湧いてきます。そもそも、ほどほどをわきまえている人にとって、必要以

    上のものは欲しないといえましょう。

     そうした人間らしい思慮[しりょ]や、他を思いやる気持ちが行動となって

    あらわれることを、脇祖さまは「欲をはなれると徳が来る」といったのだ

    思います。

     

     「感謝こそ」の段落では

     

     法華経の「見宝塔品[けんほうとうほん]」に、法華経の教えを学び、実践する

    人は、ほんとうの意味で精進する人であって、「是れを戒[かい]を持[たも]

    頭陀[ずだ]行ずる者と名[なづ]」とあります。

    辞書によれば「煩悩[ぼんのう]を振るい落とし、払い除く」のが「頭陀」の

    意味で、一日一食を守るとか、ボロ布で作った衣を着るなど、そのための

    精進が「頭陀行」です。

     頭陀行といえば、「頭陀第一」と呼ばれた摩訶迦葉[まかかしょう]が思い浮か

    びます。摩訶迦葉は「衣や食や寝床などに、いっさい文句をいわず、満足

    する者である」と伝えられています。

     現代の私たちには、実践するのが難しいように思えますが、「何ごとに

    対しても、不足を口にしないで満足する」というのは、授かったものに感

    謝して、自分勝手な「よしあし」をいい立てないということです。それに

    頭陀行をごく簡単に「少欲知足[しょうよくちそく]」と説明する文献もあります

    から、欲を少なくして足ることを知る生き方、与えられたものをできる限

    り素直に受け容れて、感謝のうちに暮らすことは、私たちが日ごろから心

    がける姿勢と重なるものです。

     また、自分自身の容姿などについて、それがなんであれ「よしあし」を

    いうのは、「自分の命に対する不殺生戒[ふせっしょうかい]をおかすことになる」

    と学んだことがあります。その意味では、何ごとにも「よしあし」をい

    ない生き方は、先に述べた経文の「戒を持ち」ということにも一致しま

    す。しかも、それができるのは、法華経を学ぶことで感謝に目ざめるから

    と受けとめられます。だとすると、法華経をとおして仏の教えを学ぶ私

    ちは、いつでも「満足できる幸せ」のただなかにいるといってもいいの

    もしれません。

     しかし、そのように理解していても、ものごとを感謝で受けとれないと

    きがあります。そうしたときには、合[がっしょう]・礼拝[らいはい]などの「形」

    ら入ることも大切です。

    生きていくなかで、授かったすべてに合掌する ―― そこに感謝と喜びが

    あり、ほんとうの満足と幸せがあるのです。

     

     と、締めくくられた。

     

    今月は創立記念月です。開祖さまが「現実に人を救い、世を立て直そう」

    という熱意で82年前に創立いただき、脇祖さまは、救われていくための

    実践を、「欲をはなれると徳がくる」と菩薩行の意味を分かりやすくお示

    しいただいていました。「欲をはなれる」行の在り方は「頭陀行」。頭陀

    行を簡単に言うと「少欲知足」、すなわち、欲を少なくして足ることを知

    る生き方、与えられたものをできる限り素直に受け容れて、感謝のうちに

    暮らすこと、ともご指導いただきました。

    「見宝塔品」の後半には、「令法久住(りょうぼうくじゅう)」の仏勅が

    あり、末世にこの教えを説くことを願われた、その本仏の願い、開祖さま

    の願いに応えるべく法師の自覚に立って、布教伝道することをお誓いした

    いと思います。

                                  合掌

     

                                                                   立正佼成会 姫路教会

                                   たかとし

                              教会長 吉 田 高 聡

     

     

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM