10月度 教会長のお話し

0

     10月号「佼成」の会長先生の「ご法話」を拝読させていただき、感じたことを書かせていただきます。

    今月は、『「苦悩」と「苦労」』というテーマを、

     

     悩むことは大事    ・・・

     「大いなる苦労人」に ・・・ の2段落でご解説いただいた。

     

     まず、『悩むことは大事』の段落では、

    人は誰でも、できれば悩んだり苦しんだりしたくないと思っています。

    しかし、どんなに幸せそうに見える人でも、悩みごとの一つや二つは抱えているのではないか。

    たくさん悩んで苦労を重ねたことが、のちのその人の大きな心の財産になっているというケースをよく見聞きします。

    開祖さまも子の病という苦悩が宗教とのご縁となり、法華経との出会いになった。

    そう考えると、「悩むからこそ、いろいろな教えを求め、どう生きることが大切なのかを真剣に考える」といえそうです。

     

    『「大いなる苦労人」に』の段落に入ると、

    釈尊は、「一切皆苦」ーーーこの世のものごとはすべて苦であると教えてくださっています。

     

    そして開祖さまは、「この真実をしっかりと見つめ直し、それを腹の底に据え直すことが、何よりも大切」で、

    「そうすれば、苦境というものは、なにも特別なものではなく、人生にとって、ごく当たり前のことだということがわかってくる」

    「苦境を特別な状態だと考えるからこそ、苦しく感じたり、それを予測して不安におびえたりする」と喝破されておられます。

     

    しかし、どうにもならないことだとわかっていても、それを何とかしたいと悩み苦しみ、悶々とした日々を送ることの少なくない私たちです。

    そこで、会長先生は、同じ苦しい状態でも、漢字の「苦悩」と「苦労」の違いに触れられ、「悩」は「心を乱す、思いわずらう」という意味、「労」は「つとめや仕事の疲れや骨折り」をさし、そこには問題を一歩前に進める「動き」がある。 それは、「冷暖自知」に通じる経験になる。

     

    昔から「苦労人」というと、数々の逆境に逢いながら、それが血肉となって世間の事情によく通じ、人間としての心や器の大きさが感じられる人をいいます。

    よって、悩みや苦しみに直面したときには、体を使って「何かやってみるほうがいい」。 すると「苦悩」が「苦労」に変わる。

    「苦悩」を「苦労」に変える精進が大切であるとご指導いただき、釈尊は、すべての人を救いたいと決意され、布教伝道に邁進された「大いなる苦労人」であられ、学ぶべきお手本と締めくくられた。

     

     

     10月は「入寂会」を迎え、開祖さまも「大いなる苦労人」であられ、私たちをお導き下さいました。

    釈尊は、この世に一大事の因縁をもって出現され、その使命は、仏知見の開示悟入でした。

     

    仏知見を身につけるための精進が菩薩行にほかなりませんが、その見方ができるようになると、ふれる「苦」と思われるご縁を「苦悩」とするか、「苦労」とするかの見方に大きく影響を与えます。

    四諦の法門の「苦諦」では、「苦(四苦八苦)」から逃げかくれすることなく、それを直視せよと教えられています。

    私たちも、開祖さま、会長先生に倣い「大いなる苦労人」に一歩でも近づけるよう、今月も精進させていただきましょう。

                                                                                           合掌

     

    ※<三法印(四法印)> 

                      諸行無常

         涅槃寂静(苦労)←         →(苦悩)一切皆苦

                    諸法無我

    ※<四苦八苦> 

         生  ・  老  ・  病  ・ 死 (四苦)

            (おんぞうえく)(あいべつりく) (ぐふとっく) (ごうんじょうく)

         怨憎会苦・愛別離苦・求不得苦・五蘊盛苦

     

     

                                                                   立正佼成会 姫路教会

                                  たかとし

                            教会長 吉 田 高 聡