7月 教会長のお話し

0

     7月号「佼成」のご法話を拝読させていただき、感じたことを書かせていただきます。

    今月は、『相手を認め、讃える』というテーマを

     

     「いのち」を讃歎する  ・・・・・

     ノウハウや言葉ではなく ・・・・・ の2段落でご解説いただいた。

     

     まず、『「いのち」を讃歎する』の段落で、「讃える」の一般的な意味は「讃嘆」と書き、「人のすぐれているところをほめること」「深く感心してほめること」と解するようだが、それは、相対的・表面的なとらえ方のようで、仏教では「讃歎(さんだん)」・・・「仏・菩薩の徳をほめ讃えること」と教えられている。

    釈尊がどれほど罪深い人(提婆達多のような人)に対しても讃えることを忘れなかったのは、相手に仏・菩薩の徳の輝きを見ていたからにほかならない。

    仏法を学ぶ私たちにとって、人を認め、讃えるとは、相手の「いのち」を讃歎することと教えていただいた。

     

     そして、『ノウハウや言葉ではなく』の段落では、開祖さまとのエピソードをご紹介いただき、開祖さまの行動を通し、その経験から、相手を認め、讃えることについて大切なことは、けっしてノウハウや上手な言葉ではなく、自他のいのちの尊重と、相手の成長を心から願う気持ちに尽きると教えていただきました。

     

     |瞥遒任痢愾蠎蠅痢屬い里繊廚鮖消靴垢襪海函戞↓段落での『自他のいのちの尊重と、相手の成長を心から願う』実践が、6月号に続いて、布教伝道の大切さ、特に『徹底した仏性礼拝行』の大切さを、促していただいていると受け止めさせていただいた。

     

    そう思わせていただくと、立正佼成会の行法は、昭和20年10月13日のご

                                           下記※   下記※

    啓示で、「本会は常不軽菩薩のようにあらゆる艱難と杖木瓦石にも耐えて

                                                下記※

    修行し、一切のものの仏性を開顕するために礼拝を行ぜよ」とお示しいただいている。  

                                                      下記     

    これからの布教伝道の具体的な内容は、常不軽菩薩の ❝ 但行礼拝 ❞ に徹していくこと ではないかと決意させていただいた。 

     

                                                                                      合掌

     

    「仏性」とは (新釈8巻 p45.14〜p46.7 参照)

      稱の本性>という方向から見た場合

      仏の本性は、哲学的に言えばこの世のあらゆるものをつくりあらわ

      している根源の力<空>であり、宗教的に言えば、あらゆるものを

      存在させ、生かしている<宇宙の大生命>である。

     ◆稱になりうる可能性>から見た場合

      真理を悟った完全な人間になりうる可能性。

     

    「世の中を明るく、平和にするには、自他の仏性を認めることがほんと

     うの出発点であり、最も基本的な道である」

     

                                                                   立正佼成会 姫路教会

                                  たかとし

                             教会長 吉 田 高 聡

     

     

     

    〔 艱難 (かんなん)      :困難にであって苦しみ悩むこと 〕

    〔 杖木瓦石(じょうもくがしゃく):杖や木で打たれ瓦や石を投げつけられること 〕

    〔 開顕 (かいけん)      :隠されている真実を 開き顕すこと 〕

    〔 但行礼拝(たんぎょうれいはい):「ただただあなたの仏性を拝みます」 〕