令和2年1月度 教会長のお話

0

     令和2年1月号「佼成」の会長先生の「ご法話」を拝読させていただき、

    感じたことを書かせていただきます。

     

    今月は、『ほんとうの自分に帰る』というテーマを、◎ 一年をどうすご

    すか ◎ 素直に、謙虚に の2段落でご解説いただいた。

     

     まず、『一年をどうすごすか』の段落では、

     

    「かたちなき時間といへど一年が ゆたけきままにわが前にあり」(佐藤

    佐太郎)という歌があります。新たな年を迎えた私たちの前には、まさに

    豊かで、まっさらな「時」が広がっています。

     そして、この一年を真に豊かなものにするのは、ほかでもない、私たち

    自身です。日々に出会う人やものごとは、すべて、自分が因となり、縁と

    なって生じているものです。さらにいえば、遠い世界のできごとでさえ

    も、自分と無縁のことは一つもないと受けとめれば、どのような一年にす

    るかは、すべて自分にかかっているといえるのです。

     それはまた、一年をかけて自分をどのように成長、進化させていくかと

    いうことでもあるでしょう。

     さて、法華経の「授学無学人記品[じゅがくむがくにんきほん]」は、釈尊が一子・

    羅睺羅[らごら]や、侍者としてつねに付き随う阿難[あなん]に対して授記を与え

    る章です。羅睺羅の授記[じゅき]に際して、釈尊は「羅睺羅の密行[みつぎょう]

     唯我のみ能くこれを知れり」と称えています。増谷文雄先生は、羅睺羅

    について、舎利弗[しゃりほつ]のような智慧[ちえ]に恵まれているわけでもなく、

    富楼那[ふるな]のように雄弁でもなかったけれど、「彼を見守る人々の苦心

    と、彼じしんの必死の努力によって、密行すなわち教団のさだめをるこ

    とにおいては、もっとも綿密な修行者」にまで成長したと述べています。

     舎利弗や富楼那のような智慧や才能の持ち主を尊敬する一方で、特別な

    才に恵まれていなかった羅睺羅に対して、共感を覚えるのは私だけではな

    いと思います。そして、私たちが自身の成長や進化を考えるうえで、羅睺

    羅の努力とはどのようなものであったのかも気になるところです。

     

     『素直に、謙虚に』の段落では

     

     「密行第一」が羅睺羅に対する尊称です。しかし、そう称えられたの

    は、舎利弗をはじめとする先輩たちの指導や助言を素直に聞き、謙虚に

    なって、人が見ていないときでもひたすら教えを学び実践しつづけたから

    だと、私は思います。釈尊の長男として生まれ、世俗にあったときには、

    父である釈尊に「王宮の財産を私にください」と語った羅睺羅が、出家し

    て法を継ぐことが人生の大事だとわかった時から、身を慎み、常に「素直

    であろ「謙虚であろう」と心して、ただただ静かに精進を重ねる姿

    が、「密行」、つまり羅睺羅の努力だったと思うのです。

     そこには、財を貪る心も、自分の境遇を恨む思いも、釈尊の肉親である

    ことを驕る気持ちもありません。「密行」を重ねるなかで、羅睺羅は全て

    の人が生まれながらに授かっている仏性の有り難さにめざめ、貪・瞋・痴

    などの煩悩を離れた、「ほんとうの自分」に帰ったということです。

     そしてだれもが、その真実の自分に帰ることができます。お互いさま、

    素直さと謙虚さを忘れず、一日一生のつもりで、精いっぱい明るく和やか

    な一年にしてまいりましょう。

     

     と、締めくくられた。

     

    「法華経」は「仏性の自覚と菩薩行の実践」が説かれていると教えていた

    だいています。

     会長先生は、昨年から「佼成」のご法話で、法華三部経一品一品を丁寧

    にご解説頂き、釈尊の目の前の人一人ひとりをいかに救うかという思いを

    具体的に教えていただきました。

     今年の初めに「開三顕一」の最後、「授学無学人記品」によって、仏性の自覚に立った立場で、いよいよ、法師としての実践を誓願するために、羅睺羅の「密行」をお示しいただいたと受けとめます。『素直に、謙虚に』の段落の内容をしっかりとかみしめ、今年も、「惜しみなくつながろう〜菩薩を育てる苗代となろう〜」のマザープログラムを実践し、教団100周年・教会60周年に向け、教会一丸となって布教伝道に取り組みましょう。

                                  合掌

     

                                                                   立正佼成会 姫路教会

                                   たかとし

                              教会長 吉 田 高 聡

     

     

     

     


    | 1/65PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM