8月 教会長のお話し

0

     8月号「佼成」のご法話を拝読させていただき、感じたことを書かせていただきます。

    今月は、『見えないはたらきに気づく』というテーマを

     

     信仰は「気づき」のきっかけ ・・・

     素直になる       ・・・・・ の2段落でご解説いただいた。

     

     まず、『信仰は「気づき」のきっかけ』の段落で、クイズの出題形式で、「空気・心・ご縁」に共通することがらは何か、と問いかけていただき、その答えは「実際に触れることも見ることもできないものでありながら、私たちが生きるうえで欠かせない大切なもの」。

     そして「その存在の大切さに気づけば、感謝せずにはいられなくなるもの」であり、心やご縁を考えてみても、たとえば親の恩やご先祖の徳、家族の思いやりや友人の気遣いなども、つい感謝を忘れてしまいがちな「目には見えない大切なもの」といえる。

    宗教や信仰は「目に見えないものを見えるようにするもの」であり、では、それが現実の生活においてどのような意味をもっているかを次の段落で考えましょう、と続けてくださいました。

     

     次に、『素直になる』の段落に入ると、ご本仏さまも「目に見えない存在」ではあるが、如来寿量品に「常に此に住して法を説く」と、いつも私たちのそばで法を説き続けてくださっているのに、「顛倒の衆生だから」見えない・聞こえない・分からないというのである。

    つまり、ものごとを誤って受けとったり、自分本位のかたよった見方をしてしまうのである。

     そこで、「実際に触れることも見ることもできない」仏さまからのメッセージに気づくために大切なことは、「素直」になること。

    素直になれば、仏さまの説法も手にとるように感じられ、どれほどつらい現実に直面しても、それをありのまま素直に受け入れたとき、大事な気づきを得ることができる。

     仏さまの声に気づくということは、幸せになる早道である・・と、結論づけていただいた。

     

     8月の旧盆を迎え、みんなで「目に見えない大切なもの」に思いを馳せるいい機会にしましょう、と、今月のテーマを具体的にお示しいただき、会長先生のお慈悲に感謝。

     

    ・6月号で布教伝道の大切さとその心構え(二十行の偈・四安楽行)、

    ・7月号では、『徹底した仏性礼拝行』の大切さ、

     を促していただいていると受け止めさせていただいた。

     

    そう思わせていただくとこれからの布教伝道の具体的な内容は、常不軽菩薩の ❝ 但行礼拝 ❞ に徹していくことではないかと決意させていただき、

     

    ・8月号は、ご縁に触れた方にも「見えないはたらきに気づく」体験をしていただく手取りが必要。

     

    そのためにもまず、我々の ❝ 本尊観の確立 ❞ が重要ではないだろうか。

                                 合掌

     

                                                                   立正佼成会 姫路教会

                                  たかとし

                             教会長 吉 田 高 聡

     

       


    平成29年8月度 姫路教会行事予定

    0

      8月 1日(火)   9:00〜    朔日参り(布薩の日)

            19:30〜21:30    夜間朔日参り(当番:姫路西支部)


      8月 4日(金)   9:00〜    開祖さまご命日〔一斉布教〕

       

      8月 9日(水)〜10日(木)      ご命日団参


      8月10日(木)   9:00〜    脇祖さまご命日

       

      8月11日(金)〜14日(月)     自由参拝


      8月15日(火)   9:00〜    釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)

                       戦争犠牲者慰霊・平和祈願の日

                       ゆめポッケ発送式

       

      8月28日(月)                感謝のお礼参り(各支部)

       

       

       


      7月 教会長のお話し

      0

         7月号「佼成」のご法話を拝読させていただき、感じたことを書かせていただきます。

        今月は、『相手を認め、讃える』というテーマを

         

         「いのち」を讃歎する  ・・・・・

         ノウハウや言葉ではなく ・・・・・ の2段落でご解説いただいた。

         

         まず、『「いのち」を讃歎する』の段落で、「讃える」の一般的な意味は「讃嘆」と書き、「人のすぐれているところをほめること」「深く感心してほめること」と解するようだが、それは、相対的・表面的なとらえ方のようで、仏教では「讃歎(さんだん)」・・・「仏・菩薩の徳をほめ讃えること」と教えられている。

        釈尊がどれほど罪深い人(提婆達多のような人)に対しても讃えることを忘れなかったのは、相手に仏・菩薩の徳の輝きを見ていたからにほかならない。

        仏法を学ぶ私たちにとって、人を認め、讃えるとは、相手の「いのち」を讃歎することと教えていただいた。

         

         そして、『ノウハウや言葉ではなく』の段落では、開祖さまとのエピソードをご紹介いただき、開祖さまの行動を通し、その経験から、相手を認め、讃えることについて大切なことは、けっしてノウハウや上手な言葉ではなく、自他のいのちの尊重と、相手の成長を心から願う気持ちに尽きると教えていただきました。

         

         |瞥遒任痢愾蠎蠅痢屬い里繊廚鮖消靴垢襪海函戞↓段落での『自他のいのちの尊重と、相手の成長を心から願う』実践が、6月号に続いて、布教伝道の大切さ、特に『徹底した仏性礼拝行』の大切さを、促していただいていると受け止めさせていただいた。

         

        そう思わせていただくと、立正佼成会の行法は、昭和20年10月13日のご

                                               下記※   下記※

        啓示で、「本会は常不軽菩薩のようにあらゆる艱難と杖木瓦石にも耐えて

                                                    下記※

        修行し、一切のものの仏性を開顕するために礼拝を行ぜよ」とお示しいただいている。  

                                                          下記     

        これからの布教伝道の具体的な内容は、常不軽菩薩の ❝ 但行礼拝 ❞ に徹していくこと ではないかと決意させていただいた。 

         

                                                                                          合掌

         

        「仏性」とは (新釈8巻 p45.14〜p46.7 参照)

          稱の本性>という方向から見た場合

          仏の本性は、哲学的に言えばこの世のあらゆるものをつくりあらわ

          している根源の力<空>であり、宗教的に言えば、あらゆるものを

          存在させ、生かしている<宇宙の大生命>である。

         ◆稱になりうる可能性>から見た場合

          真理を悟った完全な人間になりうる可能性。

         

        「世の中を明るく、平和にするには、自他の仏性を認めることがほんと

         うの出発点であり、最も基本的な道である」

         

                                                                       立正佼成会 姫路教会

                                      たかとし

                                 教会長 吉 田 高 聡

         

         

         

        〔 艱難 (かんなん)      :困難にであって苦しみ悩むこと 〕

        〔 杖木瓦石(じょうもくがしゃく):杖や木で打たれ瓦や石を投げつけられること 〕

        〔 開顕 (かいけん)      :隠されている真実を 開き顕すこと 〕

        〔 但行礼拝(たんぎょうれいはい):「ただただあなたの仏性を拝みます」 〕


        平成29年7月度 姫路教会行事予定

        0

          7月 1日(土)   9:00〜    朔日参り(布薩の日)

          7月 2日(日)        (兵庫県知事選挙投票場)
          7月 4日(火)   9:00〜    開祖さまご命日〔一斉布教〕

          7月 9日(日) 9:30〜    姫路城清掃(RKK・明社)
          7月10日(月)   9:00〜    脇祖さまご命日
          7月15日(土)   9:00〜    釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)

                           盂蘭盆会

                   12:30〜    法の友五人衆実行委員会

          7月28日(金)                感謝のお礼参り(各支部)


          6月 教会長のお話し

          0

            6月号のご法話を拝読させていただき愚痴をいわないというテーマを

             

            「知っている」という思い込み・・

            道理がわかれば ・・・・・・・・ の2段落でご解説いただいた。

             

             今月は、『「知っている」という思い込み』の段落で、私たちが陥りやすい、自分の(知っていること)(思っていること)(考えていること)が「絶対に間違いない」という錯覚……もう少し突っ込むと、増上慢が愚痴につながっているのではと感じた。

             

            そして、その増上慢という言葉から、勧持品第十三の二十行の偈にある「三類の強敵(ごうてき)」を思い起しました。

            二十行の偈とは、法師品で布教伝道への誓いを立てた法師が「衣座室の三軌」の実践を誓うものと解釈されています。

            法華経を人に勧めるには、まず自分自身に固い決心が出来ていなければならない、しかし、次のような相手にも教えを伝えられるか・・・・・

             

            『俗衆(ぞくしゅう)増上慢』 「法華経」とはどんなものかをのぞいた

                           こともないくせに、無責任に悪口をいっ

                           たり迫害を加えたりする普通の社会人。

             

            『道門(どうもん)増上慢』  宗教専門家であって、自分の信じる教え

                           だけが絶対だとし、「法華経」をののし

                           ったり、そのひろまるのをじゃましたり

                           する人びと。

             

            『僭聖(せんしょう)増上慢』 いかにも聖人のように行い、すましては

                           いるけれども、内心は名利の念にとらわ

                           れている宗教家。

             

            以上が「三類の強敵」であるが、こういう強敵にもけっして退転することなく、「法華経」をひろめようとする姿勢を、会長先生は促してくださっていると思います。

             

             また、この強敵は、実は自分の内にもあることも自覚しなければならないとも感じた。

            それが、「知ってる、分かってる、やっている」という勘違いに陥っていることにも気づかないでいるとしたら申し訳ないことである。

             

             「道理がわかれば」の段落で、愚痴をひかえるには、『愚痴多き者には智慧の心をおこさしめ』という経文の一節から、「真理の道理」を知ること、つまり、真理にそったものの見方・受けとめ方に立ちもどることが重要であることを確認した。                              合掌

                                                                         

                                                                           立正佼成会 姫路教会

                                          たかとし

                                     教会長 吉 田 高 聡

             

             


            平成29年6月度 姫路教会行事予定

            0

              6月 1日(木)   9:00〜    朔日参り(布薩の日)

                                    19:30〜21:30      夜間朔日参り(姫路東支部)
              6月 4日(日)   9:00〜    開祖さまご命日〔一斉布教〕

              6月 9日〜10日        少年部トップリーダー教育(神戸)
              6月10日(土)   9:00〜    脇祖さまご命日
              6月15日(土)   9:00〜    釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)

                       12:30〜    法の友五人衆実行委員会

              6月17日(土) 10:30〜    西兵庫明社総会(花北市民広場)

              6月28日(水)                感謝のお礼参り(各支部)

               

               

               


              第68回姫路お城まつり市民パレード 「万燈行進」

              0

                立正佼成会姫路教会は、今年も姫路市の最大イベント(第68回お城まつり)の市民パレードに参加しました。       

                結団式の中で、吉田教会長さんより、約180名(裏方さんも入れ)一丸となって『異体同心』の精神で、開祖様の願いである『広宣流布』の修行をさせて頂きましょうエクステンションと力強いお言葉を頂きました。

                参加者は教会よりお城前集合場所までバス3台に分乗し、現地に乗り入れいざ出陣。

                 

                   

                  教会で吉田教会長より激励のお言葉!!      実行委員長佐々木壮年部長の説明手

                早速、小雨雨が降る中はやる気持ち矢印上を抑えながら最後の練習をしっかり行いゆう★、ゲート前でスタンバイしました。

                 

                   

                  出発前の全員集合(その1)           出発前の全員集合(その2)

                  

                  午後1時40分ごろ、いよいよ

                  
                  スタートエクステンションです。

                  

                  

                  お陰様で、雨もほぼ止み……

                                                              霧雨の様ですニコ
                  
                「お囃子」の皆さん(6名)  「笛」の皆さん(24名)  「鐘」の皆さん(19名)
                  
                「太鼓」の皆さん(12名)  「山車」の皆さん(18名)      「纏」の皆さん(7名)
                                                                                                                                                                                          
                その他、申し訳ございません、紙面の関係で写真が添付できませんが、
                「大太鼓」「団扇」「プラカード」の皆さん(10名)が参加しました。                                                         
                又、沿道からは「応援隊」の皆さんより、声援onpu03ゆう★・手拍子拍手の熱い応援を頂きました。
                                                                                                                         
                多くの組織・団体よりのご縁を頂き、多くの方々のお慈悲を頂き・・本日のパレードに参加することが出来ました。
                これからもすべてに感謝し、地域の人たちと共に歩んで参りたいと思っております。
                                              
                有難うございました。
                                        (文責:Y・N)

                5月 教会長のお話し

                0

                   

                   今月のご法話のテーマは『 さ せ て い た だ く 』、佼成会用語の中でもよく用いられる、重要な用語の一つである。

                   

                   

                  最初の段落「無限のつながりのなかで」では、

                   

                  森政弘(工学博士)先生と青山俊董師(あおやましゅんどうし)(曹洞宗)のお言葉〔ご法話参照〕を引用され、仏教の「縁起観」という宗教的な世界観から生まれた表現と解説頂き、この言葉には、本来私たちを常に「生かそう生かそう」とはたらいてくださる大いなるものに対する、感謝の念が含まれているといえる。

                  しかし、時によっては慇懃無礼(いんぎんぶれい)な態度と受けとめられることもある。もし、そのような誤解が生まれるのなら、より主体的に「させてもらいます」と伝えるほうがいい場合もある。

                  佼成会ではよく使われる表現だけに、「あらゆるもののおかげさまで」という気持ちから、自然に「させていただく」と言える私たちでありたい。

                   

                  そして、第2段落「仏さまへの感謝」では、

                   

                  「させていただきます」と口には出すが、「おかげさま」や「ありがたい」を忘れてしまうと、「している」「してやる」といった自我が出る。

                  そこで、たとえば「させていただく」の前後に「おかげさま」「ありがたい」を添えると、それがそのまま素直な気持ちになる。

                  よって、「おかげさまで、させていただけることがありがたい」と口にしていれば、縁起の教えがしっかり胸に刻まれ、いつでも心からそういえるようになるのではないか。

                  理想的には、「させていただく」感謝の実践は、仏・菩薩の遊戯三昧(ゆげざんまい)のような、とらわれのないうれしさ・楽しさにつながる。

                  信仰をもつ私たちは、日ごろの生活の中で仏さまへの帰依の念を養い、「大いなるものに生かされている自分なのだ」という自覚と感謝に目ざめることが大事。

                   

                   

                   いつもながら、会長先生のお慈悲が響いてまいります。

                  文中の下線部のように具体的な言葉の在り方をお示しいただいている

                  日ごろ何気なく使わせていただいている言葉も、教えにてらして意義をかみしめさせていただくと、開祖様が菩薩行を具体的な行動規範として、基本信行や用語に表現いただいていることに、深く感謝いたします。

                   

                  今月は、「謙虚さ」と「三宝帰依」を深めることを教えていただけた。

                                                 合掌

                                                                               

                                                                                 立正佼成会 姫路教会

                                                たかとし

                                           教会長 吉 田 高 聡

                   

                   


                  平成29年5月度 姫路教会行事予定

                  0

                    5月 1日(月)   9:00〜    朔日参り(布薩の日)

                                     夜間朔日参り(姫路北支部)

                    5月2日(火)〜5月7日(日) ※自由参拝
                    5月 4日(木)   9:00〜    開祖さまご命日
                    5月10日(水)   9:00〜    脇祖さまご命日

                    5月13日(土) 12:45〜    「第68回姫路お城まつり

                                     市民パレード」参加

                                    ※万燈行進 : 13:19〜13:39
                    5月15日(月)   9:00〜    釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)
                    5月21日(日) 9:00〜    第48回 青年の日          
                    5月28日(日)         感謝のお礼参り(教会)


                    平成29年度「みどりの美化キャンペーン」(姫路市主催)

                    0

                      晴天に恵まれた4月29日(土)、明るい社会づくり運動西兵庫協議会(9地区)は、姫路市の街美化(みどりの美化キャンペーン)活動の加盟団体の一員として、大手前通りから姫路城周辺にかけてのごみの回収及び街頭でのマナー向上啓発活動に参加させて頂きました。

                      今年は約1,000名のボランティア参加者が5班に分かれて作業を行いました。

                       

                      明社西兵庫は、RKKの会員さん及び9支部全支部長さんそして壮年部長さんとダーナ魂ご一行様、等のご参加をベースとした総勢115名の大所帯で汗を流して参りました。

                       

                      ありがとうございました。

                                                    (文責:Y・N)

                       

                                  

                       


                      | 1/18PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM