10月度 教会長のお話し

0

     10月号「佼成」の会長先生の「ご法話」を拝読させていただき、感じたことを書かせていただきます。

    今月は、『「苦悩」と「苦労」』というテーマを、

     

     悩むことは大事    ・・・

     「大いなる苦労人」に ・・・ の2段落でご解説いただいた。

     

     まず、『悩むことは大事』の段落では、

    人は誰でも、できれば悩んだり苦しんだりしたくないと思っています。

    しかし、どんなに幸せそうに見える人でも、悩みごとの一つや二つは抱えているのではないか。

    たくさん悩んで苦労を重ねたことが、のちのその人の大きな心の財産になっているというケースをよく見聞きします。

    開祖さまも子の病という苦悩が宗教とのご縁となり、法華経との出会いになった。

    そう考えると、「悩むからこそ、いろいろな教えを求め、どう生きることが大切なのかを真剣に考える」といえそうです。

     

    『「大いなる苦労人」に』の段落に入ると、

    釈尊は、「一切皆苦」ーーーこの世のものごとはすべて苦であると教えてくださっています。

     

    そして開祖さまは、「この真実をしっかりと見つめ直し、それを腹の底に据え直すことが、何よりも大切」で、

    「そうすれば、苦境というものは、なにも特別なものではなく、人生にとって、ごく当たり前のことだということがわかってくる」

    「苦境を特別な状態だと考えるからこそ、苦しく感じたり、それを予測して不安におびえたりする」と喝破されておられます。

     

    しかし、どうにもならないことだとわかっていても、それを何とかしたいと悩み苦しみ、悶々とした日々を送ることの少なくない私たちです。

    そこで、会長先生は、同じ苦しい状態でも、漢字の「苦悩」と「苦労」の違いに触れられ、「悩」は「心を乱す、思いわずらう」という意味、「労」は「つとめや仕事の疲れや骨折り」をさし、そこには問題を一歩前に進める「動き」がある。 それは、「冷暖自知」に通じる経験になる。

     

    昔から「苦労人」というと、数々の逆境に逢いながら、それが血肉となって世間の事情によく通じ、人間としての心や器の大きさが感じられる人をいいます。

    よって、悩みや苦しみに直面したときには、体を使って「何かやってみるほうがいい」。 すると「苦悩」が「苦労」に変わる。

    「苦悩」を「苦労」に変える精進が大切であるとご指導いただき、釈尊は、すべての人を救いたいと決意され、布教伝道に邁進された「大いなる苦労人」であられ、学ぶべきお手本と締めくくられた。

     

     

     10月は「入寂会」を迎え、開祖さまも「大いなる苦労人」であられ、私たちをお導き下さいました。

    釈尊は、この世に一大事の因縁をもって出現され、その使命は、仏知見の開示悟入でした。

     

    仏知見を身につけるための精進が菩薩行にほかなりませんが、その見方ができるようになると、ふれる「苦」と思われるご縁を「苦悩」とするか、「苦労」とするかの見方に大きく影響を与えます。

    四諦の法門の「苦諦」では、「苦(四苦八苦)」から逃げかくれすることなく、それを直視せよと教えられています。

    私たちも、開祖さま、会長先生に倣い「大いなる苦労人」に一歩でも近づけるよう、今月も精進させていただきましょう。

                                                                                           合掌

     

    ※<三法印(四法印)> 

                      諸行無常

         涅槃寂静(苦労)←         →(苦悩)一切皆苦

                    諸法無我

    ※<四苦八苦> 

         生  ・  老  ・  病  ・ 死 (四苦)

            (おんぞうえく)(あいべつりく) (ぐふとっく) (ごうんじょうく)

         怨憎会苦・愛別離苦・求不得苦・五蘊盛苦

     

     

                                                                   立正佼成会 姫路教会

                                  たかとし

                            教会長 吉 田 高 聡

     

     


    平成29年10月度 姫路教会行事予定

    0

      10月 1日(日)   9:00〜   朔日参り(布薩の日)

                       万燈花作成 ・ 万燈組み立て


      10月 4日(水)   9:00〜   開祖さま入寂会(VPN回線放送)

       

      10月 8日(日)〜9日(月)    地元:大日秋祭り

                                                    (教会駐車場「神輿」休憩場所)


      10月10日(火)   9:00〜   脇祖さまご命日

       

      10月13日(金)   9:00〜   日蓮聖人遠忌法要


      10月15日(日)   9:00〜   釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)

       

      10月22日(日)   9:00〜   平和祈願(播磨国総社・射楯兵主神社

                      〔壮年部50名〕        

              

      10月22日(日) 終 日   (教会道場「衆議院選挙」投票場)

       

      10月26日(木) 13:00〜   手柄山慰霊供養式典

                                           15:00

      10月28日(土)   9:00〜   感謝のお礼参り(各支部)

       

       

       


      加古川地区講演会

      6

      加古川第一支部、加古川第二支部が所属する「明るい社会づくり運動西兵庫協議会/加古川地区」では、去る9月16日に加古川市志方町にある「月輪山(がつりんざん)円照寺」の本堂で『講演会』を開催しました。

       

       

      台風18号が接近していて、雨の降るあいにくの天気にもかかわらず、30名余りの会員が参加しました。

       

      月輪山円照寺の上月義宗住職は、訪れたすべての人が心安らぎ元気が出るお寺でありたいと願って、春はクリスマスローズ・ツバキの名所、夏はアジサイ・ノウゼンカズラの名所、秋は五色のヒガンバナと四季折々の花を育てられています。

       

      講演の始まる前、五色のヒガンバナ、酔芙蓉、ハギの花が見事に咲き乱れる「円照寺の」境内を散策して、心がすがすがしく洗われる思いになりました。     


      講演では、上月住職が 『花と仏さまと子供たち』という演題で、自身が境内一杯に花を育てられている体験を通して、人間の生き方について 参加者に分かりやすく説いてくださいました。

       

       

      上月住職は、「高校生時代 10厠イ譴森盥擦房転車で通う時、梅雨の時期 雨が降れば憂鬱になり、太陽の照り付ける暑い中 夏は大変だと思っていたが、花を育てる中で 今では紫陽花が咲くころ 梅雨の雨が待ち遠しく、夏にはノウゼンカズラの花が咲くと夏の太陽が待ち遠しくなり、四季それぞれが楽しみになってきた。いやだった梅雨の時期も夏の暑さも見方が変われば楽しくなり、感謝の心が持てるようになった。」


      縁によって、観方によって人の心は良くも悪くも変化する。

       

      ・・・世の中は常に変化している。=『諸行無常』

       

      夏のノウゼンカズラは のびのびと放置して育てれば 弦が伸びるだけで花は咲かない。高さを抑えて剪定すると、危機意識を感じそして子孫を残そうときれいな花をたくさん咲かせる。きれいな花は人間の心を和ませ、また虫を呼び寄せ受粉によって子孫を残していく。

       

      センリョウの真っ赤な実は美しく人間の心を和ませ、実は鳥のえさになり糞とともに排泄された種は新しいセンリョウの子孫を残す。〈センリョウは実のまま蒔いても芽は出ない。〉」

       

       お互いに関係しあって生きている。=『諸法無我』

       

      動物も植物も共生している。植物は動物のために、動物は植物のために生かされている。お互いに仏性を持っている。感謝の気持ちを忘れずに。

       

              『一切衆生悉有仏性』 

       

      「子供を育てるのも、花を育てるのもその性質に合った育て方がある。時には剪定も必要である。子供に接する場合も時には、寄り添いながらも厳しさを分からせることも必要である。」

       

      煩悩がいっぱいの私たちでも、感謝の心を忘れずに 日々精進することが 大事だと教わりました。

       

       

      上月義宗住職 有難うございました。

                                              合掌

       

      文責:M.O 

       

      円照寺について詳しくは、公式ホームページをご覧ください。

       

      http://kakogawa-enshouji.com/index.html

       


      『青年の集い〜萌芽〜』

      0

         こんにちは!私は姫路教会学生部長のH.Sと申します。

        今現在、姫路教会青年部ではある取り組みを行っています。

        それは、1029日の近畿支教区 『青年の集い〜萌芽〜』という結集大会に向けて、

        私たち 姫路教会青年部は、『一食を捧げる運動』に新たな切り口で取り組んで

        行こうと活動しており、活動の指針として二つの柱があります。それが、

        一食ユニセフ街頭募金に毎週立たせてもらうこと。

         ※街頭募金日(9/3、9/1、9/17、9/23、10/1、10/8、10/15、10/18、10/21) ※募金場所(JR姫路駅前、JR加古川駅前)

        一食平和基金に青年部が主体となって活動していくこと。

        以上の2つの活動を柱として、青年部を中心として活動を行っています!

         『一食を捧げる運動』は立正佼成会が取り組んでいる平和活動の一つであり、一食の精神でもある、「同悲」「祈り」「布施」は一人の人間として生きていくうえで、欠かすことのできない精神と考えています。どうか1029日をターニングポイントとして、これから広がっていく姫路教会青年部の勇気凛凛とした活動を応援して下さい。   

                                                                 合掌 

         

         

                      


        9月 教会長のお話し

        0

           9月号「佼成」のご法話を拝読させていただき、感じたことを書かせていただきます。

          今月は、『人に「伝える」ということ』というテーマを

           

           法を伝える意味     ・・・

           「智慧海の如くならん」 ・・・ の2段落でご解説いただいた。

           

           まず、『人に「伝える」ということ』の段落で、

          法を伝えること、つまり布教伝道は、「一人でも多くの人に真理を知ってもらい、幸せになってもらいたい」と願う法の布施であると同時に、法を伝えることをとおして、自分の心田を耕していく精進にほかならない。

           

           『「智慧海の如くならん」』の段落に入ると、

          人に何かを伝えようとするときに大事になるのは「自分は何も知らない」という謙虚な姿勢ではないか、つまり、相手とのご縁を大切にして、いつ、だれに対しても「学ぶ」姿勢を忘れないこと、相手の声にひたすら耳を傾け、学ぼうとする姿勢のなかから、相手によく理解してもらえる言葉や心くばり、すなわち自他をよりよく生かす智慧が湧いてくる。

           

           「伝える」という事の大事なポイントは「ありがたい、うれしい、楽しいと感じた純粋な気持ちを、素直に伝えること」つまり、私たちの日常に当てはめてみると、「ありがたいことをたくさん見つけ、人さまに伝えていく」、そこには、つねに感謝を忘れない心の姿勢があり、いつも明るいその姿は、「こういう人になりたい」と、まわりの人を感化せずにはおかない魅力があり、それはそのままで布教伝道と言えると、結論づけていただいた。

           

          8月号では旧盆を迎え、みんなで「目に見えない大切なもの」に思いを馳せるいい機会にしましょう、とご指導をいただき、寿量品のご本仏さまの世界を感じようとご示唆いただきましたが、今月は、分別功徳品の教相(真の信仰によって得られる功徳、仏の寿命の無量であることを信じる者の功徳を12に分別してお説き下さり、特に、世尊入滅後の末世における信仰者のあり方と、その功徳について※「滅後の五品」について説かれている。)をとおして、まさしく今月の会長先生の『人に「伝える」ということ』のご指導の裏付けと感じた。

           

          今月は「布教伝道のあり方」を具体的にお示しいただき、会長先生のお慈悲に感謝、感謝!                                                                                                 合掌

           

          ※「滅後の五品」 1、初随喜 2、読誦 3、説法 4、兼業六度 

                   5、正行六度

               (詳細は、「法華経新しい解釈」 p 447〜484 を参照)

           

                                                                         立正佼成会 姫路教会

                                        たかとし

                                   教会長 吉 田 高 聡

           

           

           

           

           


          29年9月度 姫路教会行事予定

          0

            9月 1日(金)   9:00〜    朔日参り(布薩の日)

                  19:30〜21:30    夜間朔日参り(当番:高砂支部)


            9月 4日(月)   9:00〜    開祖さまご命日〔一斉布教〕

             

            9月 9日(土)〜10日(日)      ご命日団参


            9月10日(日)   9:00〜    脇祖さま報恩会


            9月15日(金)   9:00〜    釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)

             

            9月17日(日)〜18日(月)     壮年部・近畿ダーナ大聖堂参拝

             

            9月23日(土)   9:00〜    秋季彼岸会

             

            9月28日(木)                感謝のお礼参り(各支部)

             

             

             


            8月 教会長のお話し

            0

               8月号「佼成」のご法話を拝読させていただき、感じたことを書かせていただきます。

              今月は、『見えないはたらきに気づく』というテーマを

               

               信仰は「気づき」のきっかけ ・・・

               素直になる       ・・・・・ の2段落でご解説いただいた。

               

               まず、『信仰は「気づき」のきっかけ』の段落で、クイズの出題形式で、「空気・心・ご縁」に共通することがらは何か、と問いかけていただき、その答えは「実際に触れることも見ることもできないものでありながら、私たちが生きるうえで欠かせない大切なもの」。

               そして「その存在の大切さに気づけば、感謝せずにはいられなくなるもの」であり、心やご縁を考えてみても、たとえば親の恩やご先祖の徳、家族の思いやりや友人の気遣いなども、つい感謝を忘れてしまいがちな「目には見えない大切なもの」といえる。

              宗教や信仰は「目に見えないものを見えるようにするもの」であり、では、それが現実の生活においてどのような意味をもっているかを次の段落で考えましょう、と続けてくださいました。

               

               次に、『素直になる』の段落に入ると、ご本仏さまも「目に見えない存在」ではあるが、如来寿量品に「常に此に住して法を説く」と、いつも私たちのそばで法を説き続けてくださっているのに、「顛倒の衆生だから」見えない・聞こえない・分からないというのである。

              つまり、ものごとを誤って受けとったり、自分本位のかたよった見方をしてしまうのである。

               そこで、「実際に触れることも見ることもできない」仏さまからのメッセージに気づくために大切なことは、「素直」になること。

              素直になれば、仏さまの説法も手にとるように感じられ、どれほどつらい現実に直面しても、それをありのまま素直に受け入れたとき、大事な気づきを得ることができる。

               仏さまの声に気づくということは、幸せになる早道である・・と、結論づけていただいた。

               

               8月の旧盆を迎え、みんなで「目に見えない大切なもの」に思いを馳せるいい機会にしましょう、と、今月のテーマを具体的にお示しいただき、会長先生のお慈悲に感謝。

               

              ・6月号で布教伝道の大切さとその心構え(二十行の偈・四安楽行)、

              ・7月号では、『徹底した仏性礼拝行』の大切さ、

               を促していただいていると受け止めさせていただいた。

               

              そう思わせていただくとこれからの布教伝道の具体的な内容は、常不軽菩薩の ❝ 但行礼拝 ❞ に徹していくことではないかと決意させていただき、

               

              ・8月号は、ご縁に触れた方にも「見えないはたらきに気づく」体験をしていただく手取りが必要。

               

              そのためにもまず、我々の ❝ 本尊観の確立 ❞ が重要ではないだろうか。

                                           合掌

               

                                                                             立正佼成会 姫路教会

                                            たかとし

                                       教会長 吉 田 高 聡

               

                 


              平成29年8月度 姫路教会行事予定

              0

                8月 1日(火)   9:00〜    朔日参り(布薩の日)

                      19:30〜21:30    夜間朔日参り(当番:姫路西支部)


                8月 4日(金)   9:00〜    開祖さまご命日〔一斉布教〕

                 

                8月 9日(水)〜10日(木)      ご命日団参


                8月10日(木)   9:00〜    脇祖さまご命日

                 

                8月11日(金)〜14日(月)     自由参拝


                8月15日(火)   9:00〜    釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)

                                 戦争犠牲者慰霊・平和祈願の日

                                 ゆめポッケ発送式

                 

                8月28日(月)                感謝のお礼参り(各支部)

                 

                 

                 


                7月 教会長のお話し

                0

                   7月号「佼成」のご法話を拝読させていただき、感じたことを書かせていただきます。

                  今月は、『相手を認め、讃える』というテーマを

                   

                   「いのち」を讃歎する  ・・・・・

                   ノウハウや言葉ではなく ・・・・・ の2段落でご解説いただいた。

                   

                   まず、『「いのち」を讃歎する』の段落で、「讃える」の一般的な意味は「讃嘆」と書き、「人のすぐれているところをほめること」「深く感心してほめること」と解するようだが、それは、相対的・表面的なとらえ方のようで、仏教では「讃歎(さんだん)」・・・「仏・菩薩の徳をほめ讃えること」と教えられている。

                  釈尊がどれほど罪深い人(提婆達多のような人)に対しても讃えることを忘れなかったのは、相手に仏・菩薩の徳の輝きを見ていたからにほかならない。

                  仏法を学ぶ私たちにとって、人を認め、讃えるとは、相手の「いのち」を讃歎することと教えていただいた。

                   

                   そして、『ノウハウや言葉ではなく』の段落では、開祖さまとのエピソードをご紹介いただき、開祖さまの行動を通し、その経験から、相手を認め、讃えることについて大切なことは、けっしてノウハウや上手な言葉ではなく、自他のいのちの尊重と、相手の成長を心から願う気持ちに尽きると教えていただきました。

                   

                   |瞥遒任痢愾蠎蠅痢屬い里繊廚鮖消靴垢襪海函戞↓段落での『自他のいのちの尊重と、相手の成長を心から願う』実践が、6月号に続いて、布教伝道の大切さ、特に『徹底した仏性礼拝行』の大切さを、促していただいていると受け止めさせていただいた。

                   

                  そう思わせていただくと、立正佼成会の行法は、昭和20年10月13日のご

                                                         下記※   下記※

                  啓示で、「本会は常不軽菩薩のようにあらゆる艱難と杖木瓦石にも耐えて

                                                              下記※

                  修行し、一切のものの仏性を開顕するために礼拝を行ぜよ」とお示しいただいている。  

                                                                    下記     

                  これからの布教伝道の具体的な内容は、常不軽菩薩の ❝ 但行礼拝 ❞ に徹していくこと ではないかと決意させていただいた。 

                   

                                                                                                    合掌

                   

                  「仏性」とは (新釈8巻 p45.14〜p46.7 参照)

                    稱の本性>という方向から見た場合

                    仏の本性は、哲学的に言えばこの世のあらゆるものをつくりあらわ

                    している根源の力<空>であり、宗教的に言えば、あらゆるものを

                    存在させ、生かしている<宇宙の大生命>である。

                   ◆稱になりうる可能性>から見た場合

                    真理を悟った完全な人間になりうる可能性。

                   

                  「世の中を明るく、平和にするには、自他の仏性を認めることがほんと

                   うの出発点であり、最も基本的な道である」

                   

                                                                                 立正佼成会 姫路教会

                                                たかとし

                                           教会長 吉 田 高 聡

                   

                   

                   

                  〔 艱難 (かんなん)      :困難にであって苦しみ悩むこと 〕

                  〔 杖木瓦石(じょうもくがしゃく):杖や木で打たれ瓦や石を投げつけられること 〕

                  〔 開顕 (かいけん)      :隠されている真実を 開き顕すこと 〕

                  〔 但行礼拝(たんぎょうれいはい):「ただただあなたの仏性を拝みます」 〕


                  平成29年7月度 姫路教会行事予定

                  0

                    7月 1日(土)   9:00〜    朔日参り(布薩の日)

                    7月 2日(日)        (兵庫県知事選挙投票場)
                    7月 4日(火)   9:00〜    開祖さまご命日〔一斉布教〕

                    7月 9日(日) 9:30〜    姫路城清掃(RKK・明社)
                    7月10日(月)   9:00〜    脇祖さまご命日
                    7月15日(土)   9:00〜    釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)

                                     盂蘭盆会

                             12:30〜    法の友五人衆実行委員会

                    7月28日(金)                感謝のお礼参り(各支部)


                    | 1/19PAGES | >>

                    calendar

                    S M T W T F S
                    1234567
                    891011121314
                    15161718192021
                    22232425262728
                    293031    
                    << October 2017 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM